制御について色々知ろう

電気工事

今や様々な日本において、自動制御を行う場面が全く無いという企業はほとんど見られなくなりました。工場等の製造業等ではもちろんの事、一見そのような事とは一見無関係な企業においても、どこかで自動制御のお世話になっています。製品開発における実験結果の測定やデータの蓄積、オフィスビル等における空調機の運転・停止等に至るまで、あらゆる場所で自動制御システムが存在します。自動制御が人間の手で操作を行う手動制御との最大の違いは、制御されているシステム全ての工程において、人間の手が介入しないという点にあります。例えば、オフィスにある空調システム等で室内が25度以上になれば冷気を放出し、一定の温度まで下がれば空調を停止するといったものです。とはいえ、今までは、その自動制御が行われる数値の入力等は、人間が行っている事がほとんどでした。しかし最近では、システム自身がその場に合った条件の制御を行う等という、いわゆる最適制御が求められるようになっています。そこで、こうしたシステムに用いられるようになったのが人工知能になります。自ら学習する事により、この条件下ではこれが最適とされる環境にするという事を自動的に行えるようになります。特にこれは素早い制御スピードを求められる現場において導入される事が多く、一瞬の判断ミスも許されない活動を行う際に力を発揮します。ただ、そこまでのスピードが必要とされない場合には、従来型のもので十分対応出来るケースも少なくありません。

なぜ必要なのかも知ろう

ケーブル

ではなぜ今、手動制御ではなく自動制御が求められているのでしょうか。その理由の一つには、省エネやエコを実現出来る社会にしていくため、という理由があります。企業の生産活動に必要以上の時間をかけず、エネルギー消費量を抑える事が自然環境への配慮という面では欠かせません。自動制御により必要の無い動きを抑え、無駄なく生産活動等を行う事は、コストカット等という面から見ても欠かせないものになります。さらに人間の手による細かなずれ等を無くす事により、出来上がる製品の品質や測定結果のブレ等を一定化する事も可能です。

人間が学ばされる事も

電気修理

また、先述のような人工知能内蔵型の自動制御システムから、人間が理解していなかった事も学ばされる可能性もあります。自分たちはこの温度が一番快適だと感じていた所に、最適制御の作り出す環境がより良いものだった等、私たちに新たな発見をさせてくれる可能性も大いにあります。こうした事は業務における能率アップや、新製品開発におけるデータ収集等、様々な新たな価値を提供出来るという事につながっていきます。今後もこうした付加価値の高い自動制御システム等が開発され、企業における生産活動等のサポートをしてくれるでしょう。